【e-Tax】確定申告やってみた【令和3年】

節約

令和3年分の確定申告をe-Taxでしました。
配当控除・外国税額控除・寄付金控除に挑戦しました。

確定申告について

昨年の確定申告の記事はこちら↓

確定申告をすることで、払い過ぎた税金を取り戻すことができます。
申告期間は2月16日~3月15日までです。

申告方法はいくつかありますが、
マイナンバーカードを持っていると
e-Taxで自宅のPCやスマホを使って申告できます。

私の場合ですが、
スマホでの申告は操作性が悪く諦めました。
マイナポータルとの連携ができるそうですが、
事前準備が面倒なので、これも諦めました。
最終的にPC+カードリーダー+マイナンバーカード
をを使って申告しました。

e-Taxで確定申告

今回は、配当控除・外国税額控除・寄付金控除を受けます。

事前準備

  • 令和3年の源泉徴収票・特定口座年間取引報告書の準備
  • マイナンバーカード・カードリーダーの準備
  • カードリーダーのドライバの導入
  • ブラウザへのマイナポータルAPの導入

ほとんど去年の確定申告で準備済みでした。
ソフトウェアは最新版にアップデートしました。

e-Tax

確定申告」で検索して国税庁のHPを開きます。
確定申告書の作成ページがあるので案内に従い、
マイナンバーカードを読み込み、必要事項を入力します。

  • 給与所得の項目に「源泉徴収票」の情報を入力
  • 配当所得の項目に「特定口座年間取引報告書」の情報を入力
  • 総合課税を選択
  • 配当控除の入力
  • 外国税額控除の入力
  • 寄付金控除に「ふるさと納税」の寄付情報を入力
  • 住民税申告不要を選択

私の場合、年収が低いので
所得税は総合課税, 住民税は申告不要
とするのが良いみたいです。(人によって最適解が変わります。)

計算結果

配当控除: \1,270
外国税額控除: \814
寄付金控除: \25,000

寄付金控除に関しては寄付金額が \27,000 だったので、
それから \2,000 を引いた \25,000 になります。
それ以外は具体的な計算方法はよくわかりません。

還付金は \7,082 になるそうです。
これも計算方法が分かりません・・・

誤解していたことではありますが、
還付金が寄付金控除よりも少ないことに違和感を感じました。

寄付金控除の殆どは住民税にかかっていて、
ここで表示されている還付金は所得税の還付金のみの様です。
この所得税の還付金は、後日銀行口座に振り込まれます。

住民税の還付金は口座振り込みではなく
今後の住民税の支払から減額されるそうです。

きちんと申告できているか不安ですが、
住民税の通知書が来た時に確認しようと思います。

感想

昨年の確定申告でカードリーダー(\3,069)を購入したのですが、
スマホでカードを読み取れることを今年知りました。
カードリーダー代が無駄になったと思いましたが、
スマホでの確定申告の操作性が悪かったので、
結局、購入したカードリーダーが役に立ちました。
マイナポータルの連携も面倒なだけなので
自分で打ち込むのが一番良いと思いました。

還付金が昨年よりも増えたので良かったです。
住民税の控除ができているかは不安ですが、
結果を待ちたいと思います。

まだ不慣れですが、来年も確定申告に挑戦します!

コメント

タイトルとURLをコピーしました